ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?
ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?
ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?
ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?

ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?

ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?

 

ここではジャグラーのやめ時を解説しています。チャンしたジャグラーをやめる場合、高設定である可能性もあり、かなりの根拠が必要になるでしょう。しかしジャグラーの設定を判別するには施行数を重ね、設定差ポイントを総合的に判断する必要があります。そんなジャグラーのやめ時とは一体いつなのでしょうか?

ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?
ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?
ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?
ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?

ジャグラーのやめ時はいつなのか?

ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?

 

まずジャグラーのヤメ時を計るには、その台を捨てる根拠が必要です。正直言ってジャグラーのヤメ時を計るのは難しい判断が必要となりますので、下記で詳しく解説をしていきましょう。

 

全く当たらない時

朝一から全く当たらず、回転数だけが伸びて行くジャグラーは非常に危険。余程強い根拠で打っている場合は除きますが、投資分を回収できるイメージが湧かない場合、ヤメ時と判断し捨てる方が良いかも知れません。

 

例えば、朝一からストレートで700Gハマったとすれば、1000枚程度の投資が必要となり、投資額は2万円。

 

通常のジャグラーで1000枚回収するには最低BIG4回が必要となりますので、それを回収できるイメージがない場合、あまり深追いせず捨てる事も重要。

 

低設定と判断した時

小役のブドウ、チェリー、重複率が悪いジャグラーは、低設定の可能性が高くなります。余程強い根拠がない場合、投資がかさむ前にやめ時を計る事も重要です

 

低設定かつ連チャンが終わった時

小役が悪く低設定っぽいけど連チャンした場合、一定の回転数でヤメてしまうのも1つの手。

 

そもそもジャグラーは、低設定でも1000G程度の単位で見れば好調を見せる事が多く、これを高設定と勘違いする事で負け越すのです。

 

その為、なんか自分の台だけ調子が良い場合は、出ヤメする勇気も必要となるでしょう。

やめる場合は迂闊に高設定を捨てないように

ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?

 

上記で注意したいのが、本当に高設定だった場合です。しかしジャグラーは高設定を見抜くのに複数の根拠が必要となり、非常に難しい判断になりますので根拠を解説しておきましょう。

 

高設定を使うホールである

そのホールが絶対に高設定を使っていると分かっている場合、ヤメ時を頭に入れながら追ってみるのもジャグラーの勝ち方。しかし高設定有りきの方法ですので間違えない様にしましょう。

 

他の台も出ている

自分の台だけではなく、他の台も好調台が多い場合は、高設定を信じて打ち続ける事も重要。しかし、これもやめ時を見間違えると出玉を全て失う結果になりますので注意が必要となります。

 

出ている台に法則が見える

台番末尾系や角台系など、出ている台にある程度の法則性がある場合、高設定を信じて打ち続けて見ましょう。

 

ボーナス確率が良い

例えば、総回転数が3000Gを超えて尚ボーナス回数が良い場合、かなりの確率で高設定濃厚となりますので、ブドウ確率などを見ながら追ってみる事も重要です。

 

小役確率が良い

上記にプラスして、小役確率が良い場合も、続行すればそれだけ期待値が上がりますので、ブン回し体制に入っても良いかもしれません。

 

根拠が薄い場合は躊躇なく捨てる

上記5つの要素が揃わないと、打ち続ける根拠として弱くなってしまいます。

 

根拠が揃っていなければハマり中などは不安を感じながら打たなくてはいけません。

 

その為、ある程度出玉を確保したらヤメ時を計る事も重要になるでしょう。

やめ時は絶対間違えない様に

ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?

 

ジャグラーだけでなく、パチスロ全体に言える事が「ヤメ時を間違えない事」です。そもそも戦いや勝負事には「引き際」という言葉があります。それはパチスロも同じ事。ジャグラーにおいて最も大切なのはヤメ時を見誤らない事と言えるでしょう。

高設定を多く使う店を探すならサイトセブン

ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?

 

サイトセブンは、全国2000店の加盟ホールの出玉状況を確認できる便利なスマホサイト。つまり「設定に自信があるホール」が加盟をしているのです。

 

設定に不確定要素を多く含む店選びより、確実に高設定があるホールをサイトセブンで探してみください。

 

パチンコ・パチスロで勝つにはパートナーが必要

ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?
いまパチンコ・パチスロは、店選びを間違うだけで簡単に負けてしまいます。しかし「データロボサイトセブン」があれば全国2000店舗の出玉データを把握できますので、店選びを間違う事はありません。

サイトセブンは的確な店選びができる

サイトセブンは、店の出玉状況をリアルタイムで見る事が出来るスマホサイト。その為「来店してみたけど全く出てないじゃん!」なんて状況にはなりません。

サイトセブンは店のクセや傾向を分析できる

パチンコ店は良釘や高設定使う場合に法則性が見られる場合が多く、サイトセブンで傾向を見抜く事で常勝に繋げる事が出来ます。

サイトセブンは穴場店を探す事が出来る

いまパチンコ・スロットで勝つ為には朝の並びや抽選を突破しなくてはいけません。しかし、そんな面倒はしたなくない人も多いですよね。そんな人はサイトセブンを使って勝ちやすい穴場店を探してみましょう。

サイトセブンの詳細はコチラ

ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?
ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?
ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?
ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?

ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?
ジャグラーのやめ時とはいつが正解?迂闊に高設定を捨てないやめ時とは?