スロット実機販売

パチンコ実機販売

「負けない方法」を考えると勝ちやすくなる!その理由とは?

パチンコ・パチスロは「負けない方法」を考えると勝てる様になる

 

パチンコ・パチスロは、勝つ方法よりも負けない方法を考えると結果的に勝てる様になります。ギャンブルで絶対に存在するのが勝ち負けですが、実際は勝つ方法を考えるよりも負けない方法を考える方が大事で、この考え方を実践する事で結果的に勝ち組になれるかもしれません。ここでは、そんな負けない方法と考え方を解説しています。

パチンコ・パチスロで「負けない方法」とはどんな考え方なのか?

パチンコ・パチスロは「負けない方法」を考えると勝てる様になる

 

パチンコ・パチスロにおいて負けない方法を模索するのは非常に大切。むしろ勝つ方法より、負けない方法を考える方が大切です。

 

そんな「負けない方法」とはどんな考え方なのでしょうか?

 

パチンコ・パチスロは負けるものと考える

そもそもパチンコ・パチスロはギャンブルで、連戦連勝負けなしの人なんて絶対にいません。

 

週単位、月単位、年単位で見れば勝ち越しをしている人も、1日の単位であれば負けは絶対にあるもの。

 

その1日単位の負けを減らす事により、週単位、月単位、年単位で勝ち越せると言えるでしょう。

一番マズイのが大負け

パチンコ・パチスロは「負けない方法」を考えると勝てる様になる

 

まず、パチンコ・パチスロで一番マズイのが大負けです。

 

人は大負けをすると「負けを取り返そう」という思考に支配され、さらに大負けを繰り返してしまいます。

 

その為、以下の事を心掛けておきましょう。

 

熱くならない

ギャンブルは冷静さを失う事で、さらに負けるという負のスパイラルが生まれます。

 

その為、負けている時ほどクールに、そしてクレバーに徹するべきなのです。

 

思考を止めない

冷静さを失うと「思考の停止状態」にもなりやすいのが特徴。

 

そして思考が停止した結果、チャンスをモノに出来ずお金だけを失う結果になってしまいます。

 

負けを認める

パチンコ・パチスロは、負けると「負けを取り返そう」という思考が生まれます。

 

しかし、この思考は大負けを誘発するトリガーになり得る怖い存在。

 

その為、投資額には制限を設け、これ以上入れたら「負けを認める」事も大切な事と言えるでしょう。

無理と思ったら諦める事も「負けない方法」

パチンコ・パチスロは「負けない方法」を考えると勝てる様になる

 

下記ではパチンコ・パチスロで「勝てない」と思われる事例を解説しています。

 

これは冷静な判断が出来るなら絶対に諦める事が出来きますが、熱くなっていると「お金だけを突っ込んでしまう」負のスパイラルに陥る事例ですので、必ず頭に入れておきましょう。

 

店が全く良釘・高設定を入れていない

これは負けを取り換えす事が困難なパターン。

 

パチンコ・スロットにおいて、勝ち負けを大きく左右するのは釘や設定状況です。

 

もし店が設定を使っていないと判断した場合、そこで辞めるのが正解。

 

さらに負けた分は設定の入っている時に取り返すべきなのです。

 

店の状況が分からない

朝一パチンコ店に行くと、最初はこの状態になるはず。

 

いくら狙い台を決めても、確証を得るまでには時間が掛かります。

 

もしそんな状況が一日続くのであれば大負けは確定的。

 

その場合は一度打つのを辞め、冷静に店内を観察して状況把握を行いましょう。

 

これが出来るか否かで負け額が大きく変わります。

 

運がない

これもパチンコ・パチスロを打っていると頻繁に起こる状態。

 

麻雀で言うところの「半ツキ」状態。

 

パチンコで「何回当たっても低ラウンドしか引けない」、スロットでは「何回当たってもバケばかり」。

 

この様な状態の事を「半ツキ」状態と呼び、当たので辞められず、ズルズルと投資が伸びていくのです。

 

しかし「今日はダメだ」と諦める事が出来れば、最低限の投資で負けがストップするはず。

 

つまり、自分の「半ツキ」を認められないが故に大負けしてしまう。

 

素直に負けを認める事が出来れば負けなくなる

ちょっと言葉が分かり難いかもしれませんが、ギャンブルにおいて100戦100勝はなく、負ける日もあります。

 

そんな時は、素直に負けを認めて帰りましょう。さらに「なぜ負けたのか?」を反省し、同じ過ちを繰り返さない事でリスクを減らす事が出来るのです。

冷静に負けを分析すれば結果的に負けなくなる

パチンコ・パチスロは「負けない方法」を考えると勝てる様になる

 

ギャンブルは熱くなっていると冷静さを失いやすく、結果的に大負けを誘発します。

 

しかし、ある程度の額で、今日は絶対に勝てないと負けを認める事で次に繋がる思考や分析が出来ると言えるでしょう。

 

あまり強欲にならない事も大切

パチンコ・パチスロを打つ人には、今ここで辞めれば勝ちだけど、もう少し打てば連チャンするかも?という欲が生まれます。

 

しかし結果的に全部飲まれた場合は、欲が負ける原因を作っていますよね?

 

最初から順調に当たって出玉を得ている場合は、それで良いと思いますが、あまり欲をかき過ぎると結果的に負けてしまうのです。

 


サイトセブン紹介
パチンコ・パチスロは「負けない方法」を考えると勝てる様になる 今も昔もパチンコ・パチスロで勝つには「店選びが8割」と言われ、優良店で勝負するのが最低条件。しかし現在パチンコ店がドンドン潰れ、優良店探しが難しいのが現状で勝ち続けるには頼れる相棒が必要となります。

「サイトセブン」はスマホでホール状況や出玉などをリアルタイムに確認できる便利なツール。まだその便利さを知らない人は一度試してみてください。一度体験すれば絶対手放せないツールになるはずです。