スロット実機販売

パチンコ実機販売

パチスロの技術介入機は低設定上等で打ってはダメ!その理由とは?

パチスロの技術介入機は低設定上等で打ってはダメ!その理由とは?

 

パチスロの技術介入機は低設定上等で打ってはダメ!その理由とは?6号機では「技術介入機」と呼ばれる目押し力・ビタ押し力を要求されるスロットが沢山リリースされています。技術介入機は設定1の機械割が100%を超えているのが特徴。しかし技術介入機は低設定がデフォルトで、迂闊に打つと痛い目に遭うかも知れません。

パチスロの技術介入機

パチスロの技術介入機は低設定上等で打ってはダメ!その理由とは?

 

まずパチスロの技術介入機って何なの?と思っている人もいると思いますので概要を少し解説します。

 

パチスロの技術介入機はゲームの要所要所で「ビタ押し」を要求され、成功するとコインの獲得枚数が増えるシステムを取っています。

 

逆に言えば「ビタ押し」を失敗すると獲得枚数が減るのが特徴です。

 

5号機の技術介入機と言えば「ディスクアップ」が有名ですが、それ以前の4号機にも技術介入機が沢山ありました。

 

技術介入の元祖「リプレイ外し」

パチスロの技術介入機は低設定上等で打ってはダメ!その理由とは?

 

そもそも、この技術介入は4号機の「リプレイ外し」から生まれた概念。

 

リプレイ外しは、ボーナス中に所定の手順とビタ押しでリプレイ(JACイン)を外し、ボーナスゲームを延命させるテクニック。通常手順で消化するより多くのコインを獲得する事が可能でした。

 

元々リプレイ外しは、リール配列と制御を突いた正真正銘の攻略法。

 

パチスロで攻略法が発覚すると撤去されるのが一般的でしたが、「リプレイ外し」は客寄せとして禁止されず、誰でも攻略法を楽しむ事が出来たのが特徴です。

 

その一番有名な機種が上記の「クランキーコンドル」。

 

クランコレクション

パチスロの技術介入機は低設定上等で打ってはダメ!その理由とは?

 

やがてリプレイ外しが普通に行われるテクニックとして一般的になった頃に登場したのが「クランキーコンテスト」。

 

上記コンドルより難易度が増して「ビタ押し必須」となり、失敗すると獲得枚数が減るという特徴がありました。

 

これが現在の技術介入機に活かされているシステムの元祖と言えるかもしれません。

 

 

6号機の技術介入機

パチスロの技術介入機は低設定上等で打ってはダメ!その理由とは?

 

 

6号機の技術介入機と言えば以下の台が有名で、要所要所で「ビタ押し」を要求されるシステムになっています。

 

  • ひぐらしのなく頃に
  • かまいたちの夜
  • ディスクアップ
  • マッピー
  • ピンクパンサー
  • キャッツアイ

 

上記の様に、多くのタイトルがリリースされていますが、大半のホールでは「設定1」がデフォルトです。

 

迂闊に打つと酷い目に

設定1でも機械割が100%を超えると言って迂闊に打つとひどい目に遭うのは必至。

 

私も5号機ではディスクアップなどを打っており、そこそこの勝率を重ねていましたが、6号機になって勝率が下がり、今は打つのを止めています。

 

これは、おそらく設定のベースが下がったことが影響していると思われます。

 

 

低設定はメチャクチャ荒れる

パチスロの技術介入機は低設定上等で打ってはダメ!その理由とは?

 

管理人は日頃から「サイトセブン」で色々なホールの設定状況を見ています。

 

最近では「マッピー」や「ピンクパンサー」など、技術介入機に注目して、データを細かく分析していますが、低設定であろう台は「メチャクチャ荒れる」と感じています。

 

その中には「1/500」程度でしかボーナスが引けない事例も散見され、機械割100%を超える技術介入機でも「低設定」は負ける確率の方が高いと感じています。

 

正直な事を言えば、ボーナス1/500では技術介入もクソもありません。

 

ビタ押しをする機会も与えないのが低設定の悪い部分です。

 

 

中・高設定は安定?

パチスロの技術介入機は低設定上等で打ってはダメ!その理由とは?

 

しかし信頼できる店のイベント日など、高設定が入る状況のデータでは、かなりのボーナス確率で非常に安定しているデータも見る事ができます。

 

おそらくは「中間設定かな?」と思われますが、明らかに低設定とはボーナス確率が違うのが印象的です。

 

 

低設定上等で打つべきではない

パチスロの技術介入機は低設定上等で打ってはダメ!その理由とは?

 

つまりメーカーが設定1でも機械割100%越えを謳う技術介入機も低設定は打つべきではないのが現状。

 

さらに換金ギャップのある東京都では、絶対に手を出してはいけないのが実情と言えるでしょう。

サイトセブン紹介
パチスロの技術介入機は低設定上等で打ってはダメ!その理由とは? 今も昔もパチンコ・パチスロで勝つには「店選びが8割」と言われ、優良店で勝負するのが最低条件。しかし現在パチンコ店がドンドン潰れ、優良店探しが難しいのが現状で勝ち続けるには頼れる相棒が必要となります。

「サイトセブン」はスマホでホール状況や出玉などをリアルタイムに確認できる便利なツール。まだその便利さを知らない人は一度試してみてください。一度体験すれば絶対手放せないツールになるはずです。