当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

これ絶対6だよ!は滅びの言葉!?「こぜ6」にはバルス同じ効果がある!

 

スロットを打っていて「これぜってぇ6だよ!」(この台は絶対設定6だよ)と大騒ぎをしているウザガキに遭遇した経験はありませんか?しかしそれを叫び大勝ちしている人を見た事がありません。ここではパチスロを打つ上で滅びの言葉「バルス」と同じ効果を持つ「こぜ6!」を絶対叫んでいけない理由を解説しています。



データロボ サイトセブンの紹介

サイトセブンは、パチンコ・パチスロで食っている人が使うスマホアプリ。ホール攻略に必要な情報が満載で、勝っている人の殆どが利用しています。これから「パチンコ・パチスロで稼ぎたい人」は、ぜひ利用してみてください。

 

 

これぜってぇ6だよ!は滅びの言葉

これ絶対6だよ!は滅びの言葉!?「こぜ6」にはバルス同じ効果がある!

 

しかし、そんな事を叫んでいるガキで最終的に大勝ちした奴を見た事がありません。

 

この「こぜ6」を叫ぶと、天空の城ラピュタでパズーとシータが、ムスカからラピュタを守る為に叫んだ「滅びの言葉」と同等の効果があると言えるでしょう。

 

ここでは「この台は絶対6だよ」と、叫んだり思ったりしてはいけない理由を解説していきましょう。

吉祥寺で滅びの言葉を叫ぶ

これ絶対6だよ!は滅びの言葉!?「こぜ6」にはバルス同じ効果がある!

 

滅びの言葉で2000枚を飲ます

私が今まで見た中で一番酷かったのは、吉祥寺の店でジャグラーを打っていたウザガキ。

 

おそらく出玉を得ていた時は2000枚ぐらいは積んでいたと思います。しかし滅びの言葉「これぜってぇ6だよ!」を叫び出玉を全飲まれ多額の追い金。

 

並び打ちをしていた彼女を銀行ATMに走らせていたので、最終負債は凄い額になっていた様子でした。最後に彼女と大喧嘩始め、口角泡を吹きながらホールを後にしていました。

 

その店はジャグラーは最高設定5

その店のジャグラーはイベントでも「設定5」までしか入りません。さらにそいつの打っていた台は極端なBIG先行。つまり設定5も怪しい感じです。

 

そいつの打ち方は、所謂オヤジ打ちでチェリーすらフォローしていません。当然ブドウも数える事なく台を連打していました。その結果が2000枚全飲まれ、他台を打ち散らかし負債増大+大喧嘩。正直目も当てられません。

 

その店では、確定演出ありのスロットの場合「設定6」もありましたが、他の常連とも話し合った結果、ジャグラーは「設定5まで」という結論に至っています。

 

まあ、それでも小役をカウントして設定6の可能性は追っていましたが、私の打っていた台も「設定4〜5」でした。

今のノーマル機は波が荒い

今のノーマル機は波が荒く、一気に出玉が増えるなんて頻繁にあります。その逆も然りで2000枚を一気に飲むなんて事もあり得ます。多分そいつは大きなハマリを三連続食らっていたと思います。

パチスロは出ている時こそ設定推測するのが基本

パチスロは出ている時ほど店全体の様子・状況や設定差のあるポイントを見て、設定推測するのが基本です。特に設定差のあるボーナスを見ておくことで、疑念が確信に変わる事が頻繁に起こります。

下手な確信は思考を止める

さらに決定的なのは「これぜってぇ6だよ!」の滅びの言葉。この時点でジャグラーの設定6を確信し「思考」を止めたのが敗因でしょう。(そいつは思考していたのかも微妙ですが…)

これゼッテー6だよの問題点

これ絶対6だよ!は滅びの言葉!?「こぜ6」にはバルス同じ効果がある!

 

引っ込みが付かなくなる

大抵この滅びの言葉を叫ぶ人間は周囲に聞こえる様に「これぜってぇ6だよ!」と大騒ぎしています。

 

その為、状況が悪くなってもやめる訳にいかない状況になっている人が多いように思えます

 

低設定のまぐれ吹きという思考がなくなる

間違った確信は妄想です。その為、低設定のまぐれ吹きという事を認められず、結果的に大負けにつながるのです。

 

メダル回収で無理な打ち方をする

完全に設定6を疑わない場合、状況が悪くなったり飲まれたメダルを取り戻そうと無理な打ち方をしてしまいます。

 

もうその段階では理性のある打ち方は出来ないと考えて良いでしょう。

私の考え方

これ絶対6だよ!は滅びの言葉!?「こぜ6」にはバルス同じ効果がある!

 

私は20年以上スロットと向き合っていますが、打っている最中「こぜ6」を思った事はありません。

 

その理由は根拠があろうとなかろうと、人は確信を得た瞬間から思考を辞めるからです。

 

打ち終わりに思うぐらいで丁度良い

その為、私はどんなに高設定挙動の台を打っていても、打ち終わってから「あの台は6だったのかな?」という考えをしています。

 

当然、確定画面が出たりすれば話は別ですが、それでも辞め時を図る意味で思考は止めません。

 

一度確信すると否定が難しくなる

上記で説明した通り、今のスロットは低設定や中間でもマグレ吹きがよくあります。

 

例え、一時的に良い挙動を見せていても軽く裏切られると言っても良いでしょう。

 

その為、例え設定6を確信しても思考を止めてはいけないのです。

 

まして調子に乗って「これぜってぇ6だよ!」なんて騒げば引っ込みが付かなくなるでしょう。

 

その為「こぜ6」は、打っている途中で絶対口にしてはならない滅びの言葉と考えておきましょう。

記事まとめ

これ絶対6だよ!は滅びの言葉!?「こぜ6」にはバルス同じ効果がある!

 

記事内容はいかがでしたでしょうか?当サイトは、色々なパチンコ・パチスロで勝つ為の知識を紹介しているので、他の記事も参考にしてください。

 

さらに下記では、パチンコ・パチスロに勝つ為の必勝ツール「データロボ サイトセブン」を紹介しています。

 

データロボ サイトセブンの紹介

記事の最後に管理人のひまわり、そしてパチンコ・パチスロで勝っている人が使っている必勝ツール「データロボ サイトセブン」の紹介。

 

今も昔もパチンコ・パチスロで勝つには「店選びが8割」と言われ、優良店で勝負するのが最低条件。しかし現在パチンコ店がドンドン潰れ、優良店探しが難しいのが現状。勝ち続けるには頼れる相棒が必要となります。

 

「サイトセブン」はスマホでホール状況や出玉などをリアルタイムに確認できる便利なツール。まだその便利さを知らない人は一度試してみてください。一度体験すれば絶対手放せないツールになるはずです。