当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

マイホに適したパチンコ店の条件とは?マイホ選びのポイントを解説!

 

パチンコ・スロットにおける「マイホ」とは「マイホール」の略称で、自分が常連として通うホールの事。頻繁に通うホールですので一見客よりも上手に立ち回れるはず。しかし、そんなホールでもマイホに適しているか否かは別問題。その為、パチンコ・パチスロで勝つ為のマイホ選びのポイントを解説しています。



データロボ サイトセブンの紹介

サイトセブンは、パチンコ・パチスロで食っている人が使うスマホアプリ。ホール攻略に必要な情報が満載で、勝っている人の殆どが利用しています。これから「パチンコ・パチスロで稼ぎたい人」は、ぜひ利用してみてください。

 

 

マイホ選びの条件

マイホに適したパチンコ店の条件とは?マイホ選びのポイントを解説

 

まず、パチンコ店をマイホと定めるか否かを見極める最低条件を解説していきましょう。

 

@通えるホール

これは家から近い、会社から近いなど、色々な条件があると思いますが、頻繁に来店できる事が理想となります。

 

A釘・設定状況

やはりマイホの最低条件としては、釘や設定状況が良い事が重要。マイホは頻繁に足を運ぶ店ですので、負け越さない事が大切です。

 

Bライバル

その店がいくら優良店であっても、台を確保できなければ意味がありません。その為、以下がマイホとする条件では重要な要素となります。

 

客レベル

客レベルは、店の設定状況やあなたのツモ率にも直結する大事な要素。例えば、勝ちにこだわらない年配層が多い店などが通いやすいと言えるかも知れません。

 

軍団

軍団は存在自体が数の暴力。イベントを食い荒らすイナゴと同じです。これを排除できないホールは、いかなる理由があっても優良店とは言えず、マイホには向かないと考えましょう。

 

来店取材

これは賛否が分かれる意見だと思いますが、私の場合、来店取材系をしているホールはマイホにしません。

 

来店取材があるとイベント目当ての客が増え、場が荒らされる事が多く、常連が割を食う羽目にもなりかねません。

 

そんなくだらない事をするなら、常連客に出玉還元するホールの方が、よほどマイホにふさわしいと言えるでしょう。

 

 

マイホを選びのポイント

マイホに適したパチンコ店の条件とは?マイホ選びのポイントを解説

 

上記の条件を満たしたホールがあっても、マイホと定めるには以下のポイントを見ていく事をオススメします。

 

@自分に有利な情報

これは他の客が知らない情報の事。例えば、単純に「角2の台に設定が入りやすい」などでも構いません。あなたが有利に立ち回れる情報があれば、マイホにする条件を満たしていると言えます。

 

A快適性

マイホを決めるポイントに快適性を挙げる人も多い事でしょう。マイホにすれば長時間滞在するので当たり前の話。逆に打っていてストレスが大きい場合はあるマイホに適さないホールと言えるでしょう。

 

B好きな機種がある

これもマイホ選びの大きなポイントになるはず。他ではもう設置がない好きな機種やレア台。設置台を目当てにマイホを決めても良いかも知れません。

 

C休憩所の完備

マイホにするホール滞在時間が多くなります。ちょっとした休憩や、空き待ちする場合もありますので、リラックスできる休憩所は大きなプラス要素です。

 

D無料WiFi

これも非常に大きなプラス要素。今のパチンコ・スロットは複雑で全てを覚えるのは困難。スマホを使って打ち方や設定差ポイントを検索するので、無料WiFiが設置されている事が理想です。

 

Eスマホの充電設備

上記と同じように、現在のパチンコ店ではスマホを使う事が多く、充電設備が整っている事がプラス要素となります。

記事まとめ

マイホに適したパチンコ店の条件とは?マイホ選びのポイントを解説

 

記事内容はいかがでしたでしょうか?当サイトは、色々なパチンコ・パチスロで勝つ為の知識を紹介しているので、他の記事も参考にしてください。

 

さらに下記では、パチンコ・パチスロに勝つ為の必勝ツール「データロボ サイトセブン」を紹介しています。

 

データロボ サイトセブンの紹介

記事の最後に管理人のひまわり、そしてパチンコ・パチスロで勝っている人が使っている必勝ツール「データロボ サイトセブン」の紹介。

 

今も昔もパチンコ・パチスロで勝つには「店選びが8割」と言われ、優良店で勝負するのが最低条件。しかし現在パチンコ店がドンドン潰れ、優良店探しが難しいのが現状。勝ち続けるには頼れる相棒が必要となります。

 

「サイトセブン」はスマホでホール状況や出玉などをリアルタイムに確認できる便利なツール。まだその便利さを知らない人は一度試してみてください。一度体験すれば絶対手放せないツールになるはずです。