当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

パチンコの区分!現在主流の「一種二種混合機」とは一体なに?

 

パチンコの区分は2004年に廃止されていますが、最近流行りの台は「一種二種混合機」という呼ばれ方をしていますよね?これは一体どういう事なのか?そして廃止されたパチンコの区分とはどんなものなのかを紹介しています。



データロボ サイトセブンの紹介

サイトセブンは、パチンコ・パチスロで食っている人が使うスマホアプリ。ホール攻略に必要な情報が満載で、勝っている人の殆どが利用しています。これから「パチンコ・パチスロで稼ぎたい人」は、ぜひ利用してみてください。

 

 

パチンコの区分

 

皆さん、パチンコには種類によって区分がある(あった)のをご存じですか?今現在は区分が廃止されていますが、完全に形骸化することなく、現在でも区分があるのでは?という錯覚する事さえあります。

 

下記で紹介する区分は、現在廃止されていますが、ホール関係者をはじめ、まだ使う人が多いので混乱する人が多いのでは?と思っています。

 

1985年〜2004年までのパチンコ区分

 

パチンコは、1985年〜2004年まで以下5つの区分がされていました。しかし、2004年に規則が改訂されて区分が廃止しましたが、現在も一種・二種については区分が残っているような状況です。

 

一種 デジパチ(セブン機)
二種 羽根モノ(ヒコーキタイプ)
三種 権利モノ
四種 一般電役
その他 アレパチ・アレンジボールなど

 

一種:デジパチ(セブン機)

一種のデジパチは「セブン機」とも呼ばれ、リールやデジタルで数字が揃う事でアタッカーが解放。一定数の出玉を獲得できるパチンコ機種のこと。確率変動などの概念は入らず、純粋に数字や絵柄が揃う事で当たるパチンコです。

二種:羽根モノ

二種の「羽根モノ」は「ヒコーキタイプ」とも呼ばれ、チャッカー入賞により羽根が解放。役物内部にある「Vゾーン」に玉が入賞することで大当たりするシステム。

 

三種:権利モノ

デジタルによる当選後、特定の「Vゾーンに該当する入賞口」に玉を入れる事により、一定数の出玉を獲得するシステム。現在は非常に珍しいカテゴリー。現在、稼働がある権利モノのカテゴリーは「YES!高須クリニック」が有名。

四種:一般電役

一般電役機は「豊丸産業株式会社」からしかリリースされない区分。現在存在する一般電役機といえば「ナナシーシリーズ」で、電チューの連動のみで出玉を増やすパチンコ台を指します。

 

一般電役機の特徴
 
  1. 確変がない
  2. 時短がない
  3. ヘソをスルーチャッカーにすることが可能
  4. 大当り中に大当たりの抽選ができる
  5. 大当りの出玉を増やせる
 

こう書いてしまうと特殊で難しい機種の様にも思えますが、基本的にはデジパチと同じ。つまりデジパチの亜種と考えてください。

その他

その他の区分としては「アレパチ」が該当します。現在のアレパチは市場から消えていますが、開発すればリリースできる状況です。

 

パチンコ機は一度カテゴリー消滅すると、次に出す時に申請が面倒になるので、メーカー側で何かしらの対策をしていると聞いています。

 

現在主流のパチンコ「一種二種混合機」とは?

 

「2004年の規則改訂」この改訂で、前述した説明した種別が廃止され、パチンコ機はタイプごとに区分けされることがなくなりました。現在はあくまでも「便宜的な区分」と考えるのが妥当です。

 

その区分の中で有名なのが「一種二種混合機」。この「一種二種混合機」は、名前だけが独り歩きして「まだ区分が生きているのでは?」「法律が変わって再区分された?」という混乱を招いています。

 

新台の資料には「一種二種混合機」の名称が?

この「一種二種混合機」という名称は、パチンコ業界では頻繁に耳にする言葉。特に現場に近い人は、みんな「シンフォギアタイプの一種二種混合機」なんて言い方をします。恐らくですが、メーカーから届く新台資料には「一種二種混合機」の名称が使われていると思います。

 

現在主流となっている「一種・二種混合機」は、一種:ヘソに入った時に行われる抽選で当たりを引き、二種:右打ちする事でV入賞させるという2つの区分で玉を増やすシステムとなっています。

 

そしてこの中に「確変ループ機」や「ST機(スペシャルタイム・時短)」があると思ってください。

 

現在の流れを作ったパチンコ機

 

2004年の区分廃止から、2005年11月に最初の複合機「サミーCRチョロQターボ」。そして「CRチビ太のここで一発」を経て、2008年にはサンセイR&Dの「CR牙狼XX」がリリースされました。特に牙狼の強烈な連チャン性とスピードの速さは業界が激震したほどの衝撃を与えました。

現在の流れは「牙狼」と「シンフォギア」が作った

つまり、最初の「一種二種混合機」流れの元祖と言われるのが「CR牙狼」。そして直近で現在の流れを決定付けたのは「CR戦記絶唱シンフォギア」とされています。

記事まとめ

パチンコの区分!現在主流の「一種二種混合機」とは一体なに?

 

記事内容はいかがでしたでしょうか?当サイトは、色々なパチンコ・パチスロで勝つ為の知識を紹介しているので、他の記事も参考にしてください。

 

さらに下記では、パチンコ・パチスロに勝つ為の必勝ツール「データロボ サイトセブン」を紹介しています。

 

データロボ サイトセブンの紹介

記事の最後に管理人のひまわり、そしてパチンコ・パチスロで勝っている人が使っている必勝ツール「データロボ サイトセブン」の紹介。

 

今も昔もパチンコ・パチスロで勝つには「店選びが8割」と言われ、優良店で勝負するのが最低条件。しかし現在パチンコ店がドンドン潰れ、優良店探しが難しいのが現状。勝ち続けるには頼れる相棒が必要となります。

 

「サイトセブン」はスマホでホール状況や出玉などをリアルタイムに確認できる便利なツール。まだその便利さを知らない人は一度試してみてください。一度体験すれば絶対手放せないツールになるはずです。