当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

悪釘・低設定だらけのボッタクリホールはベニヤ営業するべき!

悪釘・低設定だらけのボッタクリホールはベニヤ営業するべき!

 

悪釘・低設定だらけのパチ屋はしばらくベニヤ営業しろ!いまパチンコ・パチスロ業界はパチンコのCR機と5号機のスロットをP機と6号機に入れ替える必要に迫られ、お金がいくらあっても足りない状態。しかし4号機から5号機に変わる時、足りない機種をベニヤで埋めて凌いでいたホールも多くありました。

パチンコ・パチスロ業界の岐路

悪釘・低設定だらけのボッタクリホールはベニヤ営業するべき!

 

2021年11月、パチンコ・パチスロ業界は、生き残りをかけた大きな岐路に立たされている。

 

2020年から続く新型コロナウイルスと客離れ問題。そしてCR機と5号機の撤去、P機・6号機の導入問題で倒産する軒数も例年になく多い。

 

ボッタクリ営業

悪釘・低設定だらけのボッタクリホールはベニヤ営業するべき!

 

そして問題なのが、無理やり経営する為にボッタクリ営業で客から金を巻き上げている様にも見える。

 

しかし、そんな事をすれば客から見放され潰れるのは目に見えている。

 

ベニア経営の方が懸命

悪釘・低設定だらけのボッタクリホールはベニヤ営業するべき!

 

それならCR機・5号機が外れた部分を無理に新台にせず、一時的にベニア板で営業する方が余程懸命にさえ思える。

 

特にチェーン店ではなく、個人経営の小規模店ならその方が絶対的に印象が良い。

 

そもそも個人経営の小規模店を支えているのは地元住民。その様な店では主任クラスの店員と常連客が談笑をする様な場面を目にする事もある。

 

そんな店員と客の距離が近く、フランクな関係であれば、潔くベニヤにして徐々に新台を増やせば応援したくなるというもの。

 

パチ屋の現状

悪釘・低設定だらけのボッタクリホールはベニヤ営業するべき!

 

しかし現状、パチンコは釘ガチガチ、スロットはベタピンで客が飛んでいる店が目立つ。

 

当然その様な店は常連客から見放され一見客を殺して命を繋いでる状況だ。

 

こんな店は遅かれ早かれ絶対に潰れるだろう。

 

確かにパチ屋としては、絶対に入れなければいけない機種もある。パチンコなら海、スロットならジャグラー。

 

最低限この機種は入れるとして、他はあり合わせでも良いんじゃないだろうか?

 

今はパチ屋も生き残りをかけているが、真剣に現状と向き合うなら、恥も外聞も捨ててベニヤ営業する覚悟が必要だろう。

記事まとめ

悪釘・低設定だらけのボッタクリホールはベニヤ営業するべき!

 

記事内容はいかがでしたでしょうか?当サイトは、色々なパチンコ・パチスロで勝つ為の知識を紹介しているので、他の記事も参考にしてください。

 

さらに下記では、パチンコ・パチスロに勝つ為の必勝ツール「データロボ サイトセブン」を紹介しています。

 

データロボ サイトセブンの紹介

記事の最後に管理人のひまわり、そしてパチンコ・パチスロで勝っている人が使っている必勝ツール「データロボ サイトセブン」の紹介。

 

今も昔もパチンコ・パチスロで勝つには「店選びが8割」と言われ、優良店で勝負するのが最低条件。しかし現在パチンコ店がドンドン潰れ、優良店探しが難しいのが現状。勝ち続けるには頼れる相棒が必要となります。

 

「サイトセブン」はスマホでホール状況や出玉などをリアルタイムに確認できる便利なツール。まだその便利さを知らない人は一度試してみてください。一度体験すれば絶対手放せないツールになるはずです。